大阪・不動産のデザイナーズマンションの種類や特徴とは

中古物件の活用法が斬新

勉強

ブランド力がカギを握る

新宿といえば、オフィスや住居として賃貸が利用されています。もちろん、投資家から資金を集めて家賃収入などの利益を投資家に配当するビジネスにも利用されているのも賃貸ならではです。首都圏では、大型再開発が続き、新宿のオフィスビルの賃貸料が大きな収益源ともなっています。また、新築マンションともなれば、耐震性や非常用発電装置などを備えていることもあり、賃貸借契約は好調のようです。もちろん、そんな中でも新宿には古いマンションや賃貸向け住宅の空室率が上がり、賃料を下げざるをえない状況にある不動産も少なからずあります。テナントの獲得・維持のため、低コストで効率のよいノウハウであったり、付加価値を高めたり、管理・メンテナンスを強化しています。賃貸マンションなどは、時勢もポイントになりますし、人気のトレンドにも波があります。新宿では都市部であるためか、タワーマンションが人気でしたが、震災後からは、低層物件へと注目が移り、今はブランド力の強化を図っているといいます。デザイン賞受賞、さらにいえば、どこにでもありそうな建物を改修して、事務所と住居に活用するデザイナーまでがいます。例えば、ファサードを覆うFRPの波板を外壁に利用、光は透過するけれど、外からの視線は遮ってくれる造りです。夜になるとFRP製の波板越しに光が漏れるからこそ、夜間営業をする起業家には魅力的な使い方ができるでしょう。昼間と違う夜の社会、それを可能とするのは、うっすら透ける板が覆う事務所へと造作できるブランド力であり、賃貸ならではです。新築に比べればコストは安く、馴染める空間がそのまま残されているのもウリです。

Copyright© 2020 大阪・不動産のデザイナーズマンションの種類や特徴とは All Rights Reserved.